iPhoneを水から守る保護シートと防滴ケース

iPhoneを水没させてしまう原因は、スマホ端末を水の中に落としてしまう以外にも雨や水滴などでも水没になってしまうことがあります。水の中に落としてしまっての水没故障なら完全に自分の不注意が原因なので納得することができますが、雨や水滴などによる水没故障は防ぎたいですよね。そんな防水対策用のiPhone便利グッズについて解説していきます。

iPhoneユーザーなら欠かせないアイテムが保護シートです。汚れや傷などから守ってくれる保護シートですが、水滴からもiPhoneを守ってくれるので必須アイテムと言えます。

iPhoneは保護ケースの種類がとても豊富ですが、保護シートの種類も豊富にあります。めずらしい保護シートも発売されていて、戻るボタンが追加されている保護シートがあります。この保護シートはパッと見は普通の保護シートと何ら変わりはありませんが、その保護シートを貼ると左下部に戻るボタンが追加されることです。仕組みはわかりませんが、左下部を押すと戻るボタンとして使えます。iPhone Plusシリーズなどは、大きいディスプレイなので手が届かない事もありますよね。そんな時にとても便利ですよね。

iPhoneを水没から守りたいのであれば、普通の保護ケースではなく、防滴ケースがおすすめです。防水対策のiPhoneケースには「防水ケース」と「防滴ケース」がありますが、雨や水滴なら防滴ケースで十分です。したがって、突然のゲリラ豪雨でも軽いシャワー程度の水滴からはiPhoneを守ることができます。

高価なものではなく、100円ショップに売っていると言う事も聞いた事があります。夏のシーズンは海やらプールで使うのにとても便利なアイテムになると思います。そのほかにもお風呂に入る時などにもとても役立ちますね。防滴といってもあまり無謀な使い方をすると水没故障してしまいますので、使い方にはくれぐれもご注意を。