iPhone7の防水機能

iPhoneの最大の弱点と言われ続けてきた防水対策ですが、iPhone7でついに防水機能が追加されました。そんなiPhone7で初めて搭載された防水機能はどんなものなのかを解説していきます。iPhoneユーザーにとっては待ちに待った防水対策ですので、どんな仕様なのか知っておく必要がありますね。

iPhone以外のスマホ、特に日本製のスマホでは防水が当たり前だったので、それが理由でiPhoneを避けていた人にとって、このiPhone7での防水対策の追加には多くの人が魅力を感じたのではないでしょうか?

しかし、防水と言ってもどの程度の防水力なのかははっきりわかりません。これまでも多くの人たちが防水の効果を確かようとiPhoneを水没させるなどの実験を行ってきました。やり方や水につけておく時間は様々ですが、iPhone7は水没で故障したりしてるものを確認していません。

それだけ精度の高い防水力と言う事がわかりますね!防水が付いてるからと言ってあまりに無謀な使い方はやめて下さいね(笑) 

次に、iPhone7はカメラも注目されています。前の世代のカメラよりも性能が良くなったと言う話を耳にしますが、果たしてどの程度パフォーマンスが上がっているのかは、わかりません。携帯のカメラは今ではどの世代の方々も多用するものになっています。カメラはスマホを選ぶ際のとても重要な選考基準になっています。

iPhone7のカメラの機能は実際に使ってみて、実感しないと本当の良さを知ることはできませんが、かなり期待が持てる、どのスマホにも負けないカメラであることは間違いありません。皆さんも是非iPhone7いっぱい写真を撮って、思い出を増やしていって下さい!

iPhone7の防塵・防水機能の疑問

iPhone7から新たに搭載された防塵・防水についてですが、IP67と言うもので示されています。

そのIP67とはいったい何だろうか?と言う疑問が湧いたのでこの話題について書こうと思いました。
まずIPとは、IP(Ingress Protection)の略です。
次に数字の説明ですが、防塵は0~6/防水は0~8と言う等級があります。その数字は大きくなればなるほど優れていると言う事になります。よってIP67とは防塵の等級が6、防水の等級が7と言う事になります。数字だけ見れば優れていると言う事はわかりますが、それがどの程度なのかって言う事は具体的にわかりませんよね?

それでは説明します。

まず初めに防塵についてですが、防塵は等級の一番高い6です。これは粉塵が内部に侵入しない構造と言う事を表しています。

次は、防水に関してです。防水については、7と言う数字です。最高ランクではありませんが高いと言うのが分かります。果たして7の数字の防水の性能はどの程度なのでしょうか?それは、水深15㎝~1mに30分沈めても水分が内部に侵入しないレベルになります。それでしたらうっかり落とした位では水没しないと言う事ですね。ただ調子に乗って使っていると不具合が起きるかもしれないのでお気を付け下さい!(笑)

今回はiPhone7から新たに搭載された防塵・防水機能のIP67について書いてみました!ぜひ、参考にしてみて下さい!