iPhoneのバックアップと水没時のデータ復旧

iPhoneの水没は、気を付けていたとしても起きてしまうものです。自分の不注意で水没させてしまうのですから、仕方がありませんが、データだけでも復旧させたいですよね。もしもの時のために日頃からデータのバックアップを取るなどiPhoneのデータ管理について解説していきます。

皆さんは、iPhoneのデータを定期的にバックアップは取っていますか?

恐らくほとんどの人が定期的にはデータのバックアップを取っていないと思います。その理由は、恐らく壊れないだろうという安心感や今度ヒマな時に取ればいいやと思っている人が多いからではないでしょうか。

しかし、iPhoneが壊れる時って言うのは誰も予想もできないんです。普段から調子が悪いなど目に見える不具合があれば危機感を感じてバックアップを取っておくなどの何かしらの対応を取りますが、別に異常がない状態であれば、忙しくてできなかったり、やり方がわからなかったりでバックアップを取っていないと思います。

バックアップの取り方は比較的に簡単です。

まずは「iTunes」を起動します。その後にiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。そしてiPhone側にこのパソコンを信頼しますか?と表示されるので、それを「はい」にします。そうするとパソコンとiPhoneが同期され、接続が取れる状況となります。

あとは簡単です。
パソコンで操作し、バックアップを取るボタンを押してバックアップを取ります。バックアップには人がわからない様にバックアップのデータにパスコードを付ける事ができます。個人的には、個人情報の保護も考えてパスコードを付ける方がいいと思います。

簡単でしたよね?

皆さんも万が一の事を考え、定期的にバックアップを取ることをおすすめします!もし自分がiPhoneが水没してしまっても本体は直らない可能性が高いですが、データ復旧は簡単にすることができます。