iPhoneを水没させてしまったら

皆さんはiPhoneを水没させてしまった経験はありますか?
僕はまだありませんが、結構iPhoneさせてしまったという話をよく聞くので今日はこのiPhoneの水没について解説していきます。

iPhoneに限らずスマホやガラケーの水没ですが、原因はたくさんあるようで、トイレに落としてしまったり、お風呂に落としたり、珍しい物ではラーメンの中に落としてしまうなどの話も聞きます。いつどこでどのような状況で起きるのかは予想できませんが、普段から特に水没に気を付けていてもやってしまう時は意外とあっさりやってしまうものらしいです。水没してしまったものは仕方がないので、まずはその時の対処法について書きたいと思います。

iPhoneの水没時にやってはいけない事

まず初めに水没した時にしてはいけない事です。

1.電源を入れようとしない。水気が残っているとショートしてしまう危険性があるからです。
2.充電しない。こちらもショートの可能性があります。
3.スマホを振らない。これは、水没した人が焦り中の水を出そうと振ることがありますが、水は出ません。しかも振ったことにより内部で水が広範囲に広がってしまうので逆効果です。

続いては水没時にやってほしいことを書きます。まずは、外側の見える部分を優しく拭き取る。少しでも水分を拭き取りましょう。次は、ジップロックなどの袋に乾燥剤と一緒にスマホ本体を入れる。この状態ですぐにiPhone修理屋に持っていきましょう。

iPhone水没品の買取

水没してしまったiPhoneはジャンク品(壊れてしまっている)扱いとなり、通常の買取店でも買取を断られることがほとんどです。さらに、水没修理から復旧したiPhoneでも過去に水没した端末ということがすぐ分かってしまうので買取不可の場合がほとんどです。

水没品に限らず壊れたジャンク品のiPhoneは買取不可にしている買取店が多いですがiPhoneジャンク品でも買取可能というお店も中にはあります。大手の買取店だと状態が良い端末以外は買取してくれないことがほとんどですが、ネットで検索すれば壊れた端末でも状態がかなり悪い端末でも買取してくれるお店が見つかるはずです。郵送買取が可能なお店であれば、わざわざお店まで行く必要もないので手間をかけずに水没したiPhoneを買取してもらうことだってできるんです。

iPhoneの水没修理

iPhoneの水没

水没してしまい動かなくなったiPhoneはもう直らないと諦めていませんか?

実はiPhoneの水没修理は80%の確率で修復できると言われています。お店によって違うと言うのも正直なところはありますが、復旧率が低いお店でも6,7割の割合で直ります。修理店に持っていくまでは直らない思っている方も多いと思いますが、そんな事はありません。iPhoneの水没修理は時間がかかり、他の修理より作業が大変なので、あまりやる気のない修理店では修理不可と判断してジャンク品として扱われてしまうことだってあります。

水没にもたくさんの種類があります。洗濯機に入れてしまったものや、トイレ・お風呂に落としてしまったもの。海に落としてしまった人など様々です。
修復率も海水につけてしまうよりは、真水に落としてしまったものの方が復旧率は上がります。なぜなら海水は、他の水没にはない塩分を水に含んでしまっているために基盤の腐食が早く進行してしまいます。その為に、洗浄しても腐食が取り切れずに起動しない可能性が高くなってしまいます。

iPhoneの水没修理

そもそも水没修理はどういうものなのかを説明します。
基本的には、基盤を取り外し、洗浄機で洗浄をした後にエタノールで腐食している部分を綺麗にブラッシングしていき、腐食を取り除くというのが水没修理です。この作業で起動するかしないかが水没修理のポイントになります。部分的に壊れているものもありますが、それは部品交換で直します。基盤自体がダメな場合は、基盤修理が必要となります。したがって外観では水没修理の判断が付かないので、まずは修理屋さんにお願いしてみるのが1番です。